文字塾展 第四期 14人のかな書体「こんなにたのしくていいのかな」

ex04_mainvisual

展示会期:2016年06月05日[日]〜06月11日[土]
開廊時間:12:00―19:00 *トークイベント開催のため、初日は15:00に展示を終了します。最終日は17:00までの開廊となります。
展示作家:池田 平多/石川 とも子/遠藤 隼斗/小澤 祥/狩野 宏樹/木村 昌司/田中 裕梨/土井 遼太/遠矢 良彦/長谷川 文香/平井 玲子/舟瀬 純子/松村 潤子/水野 博之
備考:トークイベント 6月5日[日]16:00-18:00 参加費2,000円 先着50名様 下記メールフォームリンク先よりお申込み下さい

書体設計士鳥海修主催の文字塾。第四期は書体をつくりたい!と14名が集まり、1年をかけてひとつの書体に向き合いました。個性豊かな面々が懸命につくり上げた、それぞれのかな書体をぜひお楽しみ下さい。作品を集めた冊子、および各社の書体パンフレットも可能なかぎり取りそろえています。ご自由にお持ち帰りください。ただ数には限りがありますので、無くなった場合はご容赦ください。

>> 詳細はこちらから 文字塾展 第四期 14人のかな書体「こんなにたのしくていいのかな」特設ページ
>> 第四期文字塾展トークイベントメールフォーム 《定員に達したため、ご予約の受付を終了とさせていただきました。大変申し訳ありませんがご了承ください。》

>> 人形町ヴィジョンズ

第五期文字塾の募集について

一年をかけて自分の明朝体のかな(ひらがな、カタカナ)をつくり、フォント化して、その成果を展示会で発表するという塾です。

活字をデザインすることは楽しいです。まずはその基礎となる明朝体のかなを書いてみましょう。文字を書くこと自体はそれほど難しいことではありませんが、どんなデザインが良いのか、自分らしい書体とはどういうものなのか、こうしたことは教えられるというよりも自分で探求することであって,私はそのお手伝いをする立場です。簡単に作ろうと思えば作れますが、私はそれを望みません。私がお手伝いしたいのは、初心者・プロを問わず、自分自身に真摯に向き合い、自身の書体作りを積極的に行いたいという方に参加してほしいと思います。
尚、私はコンピュータについてはあまり詳しくありませんので、フォント化の方法については最小限の指導にとどまります。足りない部分は塾生のみなさんの力を借りての実施となりますのでご了解ください。

*明朝体以外のかなを作りたいと思う方は、応募メールにその旨をお書きください。

■応募資格:
・多くは宿題になるので、ある程度、時間に余裕があること
・Adobe Illustratorを使えること(バージョンは問いません)
・ノートパソコンを持参できること(Mac/Windowsどちらでも可)
・氏名/年齢/ご職業/メールアドレス/受講の動機/使用PC/支払い方法(一括か4回の分割か)を書き入れて、メールにて返信してください。その際、「永」の文字のスケッチを添付してください

*「永」の文字のスケッチについて
市販の1ミリ方眼紙を使い、5センチの枠の中に、鉛筆で「永」の文字を明朝体で書く。骨格はヒラギノでも游明朝体でも他の書体でもかまわないし、また独自の明朝体でもかまいません。ただし、画線の太さは、横画1ミリ、縦画4ミリの明朝体とします。中は塗りつぶし、画像データ(JPG、PDFなど)にしてメールに添付する。
メールアドレス:torinomojijuku★gmail.com (送信の場合は★を@に変更してください)

■募集期間:2016年3月16日〜3月21日まで

■定員:10名程度(応募者が5名に達しない場合は実施しません)

■発表:合否は3月31日までにメールにてお知らせします

■受講料:120,000円/年間(展示会費用も含みます)
・一括支払いの場合:4月22日までにお振込みください
・4回の分割の場合:4月25日/7月25日/10月24日/1月23日
*振込み口座は合格通知といっしょにお知らせいたします

■場所:阿佐谷美術専門学校

■日程:毎月最終土曜日(13:00~17:00)。
(ただし、12月と2月は会場都合のため、最終土曜日ではありません)
1)4月30日
2)5月28日
3)6月25日
4)7月30日
5)8月27日
6)9月24日
7)10月29日
8)11月26日
9)12月17日
10)1月28日
11)2月18日
12)3月25日

■主催:鳥海修:1955年生まれ。ヒラギノ書体、游書体ライブラリーなど100書体以上の制作に携わる。字游工房代表取締役。京都精華大学客員教授

–以上

第3期文字塾展「かなりこれはいい漢じ」

mojijuku

展示会期:2015年06月07日[日]〜06月13日[土]
開廊時間:12:00―19:00 *トークショー開催のため、初日は15:00に展示を終了します。最終日は17:00までの開廊となります。
展示作家:伊藤 庄平/岡野 邦彦/狩野 宏樹/小澤 祥/西塚 涼子/直井 薫子/田中 裕梨/半田 藍/平井 玲子/廣澤 梓
備考:トークショー 6月7日[日]16:00-18:00 参加費2,000円 先着50名様 下記メールフォームリンク先よりお申込み下さい

書体設計士鳥海修主催の文字塾。第3期は書体をつくりたい!と10名が集まり、1年をかけてひとつの書体に向き合いました。個性豊かな面々が懸命につくり上げた、それぞれの和文書体をぜひお楽しみ下さい。それから、第1期から第3期までの作品を集めた冊子、および各社の書体パンフレットも可能なかぎり取りそろえています。ご自由にお持ち帰りください。ただ数には限りがありますので、無くなった場合はご容赦ください。

>> 詳細はこちらから 第3期文字塾展「かなりこれはいい漢じ」特設ページ
>> 第3期文字塾展トークショーメールフォーム
>> 人形町ヴィジョンズ

第四期文字塾の募集について

一年をかけて自分の明朝体のかな(ひらがな、カタカナ)をつくり、フォント化して、その成果を展示会で発表するという塾です。

活字をデザインすることは楽しいです。まずはその基礎となる明朝体のかなを書いてみましょう。文字を書くこと自体はそれほど難しいことではありませんが、どんなデザインが良いのか、自分らしい書体とはどういうものなのか、こうしたことは教えられるというよりも自分で探求することであって,私はそのお手伝いをする立場です。簡単に作ろうと思えば作れますが、私はそれを望みません。私がお手伝いしたいのは、初心者・プロを問わず、自分自身に真摯に向き合い、自身の書体作りを積極的に行いたいという方に参加してほしいと思います。              尚、私はコンピュータについてはあまり詳しくありませんので、フォント化の方法については最小限の指導にとどまります。足りない部分は塾生のみなさんの力を借りての実施となりますのでご了解ください。

■応募資格:
・Adobe Illustratorを使える(バージョンは問いません)
・ノートパソコンを持参できる(Mac/Windowsどちらでも可)
・氏名/年齢/ご職業/メールアドレス/受講の動機/使用PC/支払い方法(一括か4回の分割か)を書き入れて、メールにて返信してください。その際、「永」の文字のスケッチを添付してください

*「永」の文字のスケッチについて                            市販の1ミリ方眼紙を使い、5センチの枠の中に、鉛筆で「永」の文字を明朝体で書く。画線の太さは、横画1ミリ、縦画4ミリとする。中は塗りつぶし、画像データ(JPG、PDFなど)にしてメールに添付する

メールアドレス:torinomojijuku★gmail.com (送信の場合は★を@に変更してください)

■募集期間:2015年3月16日〜3月23日まで

■定員:10名程度(応募者が5名に達しない場合は実施しません)

■発表:合否は3月30日までにメールにてお知らせします

■受講料:120,000円/年間(展示会費用も含みます)(4回の分割も可)

■場所:阿佐谷美術専門学校

■日程:原則として毎月最終土曜日(13:00~17:00)
第1回 2015年4月18日
第2回 2015年5月30日
第3回 2015年6月27日
第4回 2015年7月25日
第5回 2015年8月29日
第6回 2015年9月19日
第7回 2015年10月31日
第8回 2015年11月28日
第9回 2015年12月19日
第10回 2016年1月30日
第11回 2016年2月?日(未定)
第12回 2016年3月26日
2016年5月か、6月に展示会を予定。

■主催:鳥海修:1955年生まれ。ヒラギノ書体、游書体ライブラリーなど100書体以上の制作に携わる。字游工房代表取締役。京都精華大学客員教授

メールアドレス:torinomojijuku★gmail.com (送信の場合は★を@に変更してください)

■後援:阿佐ヶ谷美術専門学校視覚デザイン科

–以上

 

『ことしもよい文字熟してます ― 文字塾展 ―』 5月11日(日)の入場制限について

5月11日は16:00-18:00まで正木香子さん×鳥海修のトークショー「新文字、甘いかしょっぱいか」が予定されています。それにともない展示をご覧いただけるのは12:00-15:00までとさせていただきますのでご注意ください。

その他の日は12:00-19:00まで。ただし最終日5月17日(土)は12:00-18:00までとなっています。

ことしもよい文字熟してます ― 文字塾展 ―

mojijuku_dm_uramojijuku_dm_omote

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展示会期 : 2014年05月11日[日]〜05月17日[土]
開廊時間 : 12:00―19:00
*最終日17:00まで、11日(日)16:00―18:00のトークショー中は入場制限有り
展示作家 : 石川晃平/宇野由希子/岡野邦彦/小澤裕/小針優弥/竹尾太一郎/直井薫子/
中井晶子/半田藍/廣澤梓/本多育実/森本純愛/山田和寛/和文分科会(特別展示)

書体設計士鳥海修主催の文字塾。第2期は書体をつくりたい!と13名が集まり、1年をかけてひとつの書体に向き合いました。個性豊かな面々が懸命につくり上げた、それぞれの和文書体をぜひお楽しみ下さい。

■トークショー
「新文字、甘いかしょっぱいか」
 正木香子×鳥海修
5月11日[日]16:00―18:00 先着50名様 参加費2,000円
下記メールアドレス宛に、お名前・ご住所・ご連絡先電話番号を明記の上お申し込みください。
mojijukuten.talk@gmail.com
*定員に達し次第締め切らせていただきます。
*参加費は当日会場受付にてお支払いください。
*トークショー中は入場制限がございます。お申込みされた方以外のご入場はできません。

■プロフィール

正木香子 KYOKO MASAKI
1981年生まれ、福岡県出身。早稲田大学第一文学部卒業。幼いころから活字や写植の文字に魅せられ、絶対音感ならぬ「絶対文字感」を養う。2011年にウェブサイト『文字の食卓|世界にひとつだけの書体見本帳』を開設。「書体の滋味豊かな味わい」をテーマに連載した文字と言葉をめぐる読書エッセイが今までにない読者目線の書体批評として話題となり、「文字の食卓展」を開催する。文字を食して言葉を味わう「文字食」日々実践をモットーに、エッセイ・コラム・ルポルタージュなどの執筆を行う。
著書に『文字の食卓』(本の雑誌社)『本を読む人のための書体入門』(星海社新書)

鳥海修 OSAMU TORINOUMI
1955年山形県生まれ。多摩美術大学GD科卒業。1979年株式会社写研入社。1989年に有限会社字游工房を鈴木勉、片田啓一の3名で設立。現在、同社代表取締役であり書体設計士。大日本スクリーン製造株式会社 のヒラギノシリーズ、こぶりなゴシックなどを委託制作。一方で自社ブランドとして游書体ライブラリーの游明朝体、游ゴシック体など、ベーシック書体を中心に40書体以上の書体開発に携わる。2002年に第一回佐藤敬之輔顕彰、ヒラギノシリーズで2005年グッドデザイン賞、 2008東京TDC タイプデザイン賞を受賞。京都精華大学客員教授。

文字塾(外部リンク)/後援:阿佐ヶ谷美術専門学校視覚デザイン科(外部リンク)


第三期文字塾の募集を締切りました

2014年3月28日をもちまして「第三期文字塾」の募集を締切りました。定員を超える申込みをいただきありがとうございます。つきましては受講の可否については抽選とさせていただき、3月30日までに申込み下さったみなさま全員にメールにて結果をお知らせいたします。選にもれた方には大変申し訳ありませんがご容赦いただきたくお願い申し上げます。

*なお、「第三期文字塾の募集について」の応募資格の内容に「先着順」と「抽選」という表記があり、紛らわしい内容になっていたことをお詫びいたします。結果として「抽選」とさせていただきました。ごめんなさい。

文字塾塾長

第三期文字塾の募集について

一年をかけて自分の明朝体のかな(ひらがな、カタカナ)をつくり、フォント化して、その成果を展示会で発表するという塾です。
活字をデザインすることは楽しいです。まずはその基礎となる明朝体のかなを書いてみましょう。文字を書くこと自体はそれほど難しいことではありませんが、どんなデザインが良いのか、自分らしい書体とはどういうものなのか、こうしたことは教えられるというよりも自分で探求することであって,私はそのお手伝いをする立場です。簡単に作ろうと思えば作れますが私はそれを望みません。私がお手伝いしたいのは、初心者・プロを問わず、自分自身に真摯に向き合い、自身の書体作りを積極的に行いたいという方に参加してほしいと思います。

■応募資格:
・Adobe Illustratorを使える(バージョンは問いません)
・ノートパソコンを持参できる(Mac/Windowsどちらでも可)
・受講の動機/簡単な履歴に年齢/ご職業/メール/携帯/使用のPC/支払い方法(一括か4回の分割か)をお書き入れて、メールにて返信してください。
■募集期間:2014年3月16日〜3月28日まで(ただし定員に達した時点で締切ります)
■発表:受講者には30日までにメールにてお知らせします
■定員:10名程度(応募人数が多い場合は抽選になります)
■費用:120,000円/年間(展示会費用も含みます)
(4回の分割も可)
■場所:阿佐谷美術専門学校
■日程:原則として毎月最終土曜日(13:00~17:00)
第1回 2014年4月26日
第2回 2014年5月31日
第3回 2014年6月28日
第4回 2014年7月26日
第5回 2014年8月30日
第6回 2014年9月27日
第7回 2014年10月18日
第8回 2014年11月29日
第9回 2014年12月20日
第10回 2015年1月31日
第11回 2015年2月28日(未定)
第12回 2015年3月28日
5月に展示会を予定

■主催:鳥海修:1955年生まれ。ヒラギノ書体、游書体ライブラリーなど100書体以上の制作に携わる。現在、字游工房代表取締役。京都精華大学客員教授

メールアドレス:torimojijuku★gmail.com (送信の場合は★を@に変更してください)

■後援:阿佐ヶ谷美術専門学校視覚デザイン科

–以上

OS X 10.8へのインストール

OS X 10.8(Mountain Lion)ではフォントをインストールする際にFont Book(Font Book.app)がフォントの検証を行いますが、文字塾フォントをインストールする際に

重大なエラーが見つかりました。このフォントは使用しないで下さい。

OSX10.8_FontBookValidateAlert

との警告が表示される場合があります。

Mac OS X 10.7(Lion)までは問題なくインストールできますが、OS X 10.8ではチェック項目が異なるらしく上記のようなエラーが報告されてフォントファイルのダブルクリックだけではインストールができなくなっています。

この場合、は次の手順に従ってインストールを行って下さい。 続きを読む